coco 3歳の誕生日。

早いもので、cocoが3歳になりました。
b0154959_11253442.jpg


身長 83CM。
体重 10kg。

母子手帳で平均をみると、ぎりぎり標準です。

ブログを始めて、これを載せたかった!
cocoの生まれた時の写真。
見るとまだ、辛かった時のことが思い出されます。

生まれて、一か月ごろ。
b0154959_1143519.jpg

生まれて一カ月目にして、初めて抱っこできた時。小さくて小さくて、でも生きている!!
b0154959_114565.jpg

私の代わりに、cocoを温かく育ててくれた保育器。
b0154959_1130198.jpg

GCU、安定してきたお子さんのお部屋で。
b0154959_11587.jpg

ずっと、「cocoちゃんはまだ?」と聞いていたnene。やっと退院してきて、大事そうに寄り添った姿。
b0154959_11528100.jpg



cocoを破水したのは、1月14日。
それから、一週間以内には死んでしまうといわれたのに、
育ち続けたcoco。
私は、生まれたいんだ!そう思って、辛い入院生活も、楽しいものにしようと
ベットから動かなかった。
24時間一緒だったneneを、実家に預かってもらって。
これから先も、こんなに我慢した日々はないと思いたい。

二ヶ月後。誘発剤で、自然分娩で生みました。
小さいからと言って、陣痛の痛みは同じでした。
産むときに、楽だったかな。

1166g。

産声はなかった。
私から出た時に、背中が見えただけ。
呼吸も出来なかったようだったので、すぐに保育器に入れられてしまった。

二時間ご、ようやく見れたcocoは、口に呼吸器、体には何本もの点滴ライン。
何故こんな姿に産まなければならなかったのか、後悔した。
この子は幸せになれる?元気になるの?
自分で何もできない分、責めた。

自分だけ退院する時は、張り裂けそうだった。
でも、家にはneneが待っている。
体が、二つになればいいのに。

毎日毎日、病院に通って、食欲がなくても、食べて栄養のある母乳を出してあげることが、
一番の薬だと言われた。
でも、母乳を飲み始めたのは、二週間後。
看護師さんに、「お母さん!cocoちゃん母乳飲めたわよ~!!」
「え!!どれぐらい?」
「5mml」
おいおい。それだけか・・・・。
正直思ったけれど、それでも、すごいことだった。

涙が止まらないので、この辺で終わりにしよう。
辛いことではない。cocoは、元気に健やかに大きくなっているのだ。
心配してくれる多くの人たちに感謝します。
それでは、またの機会に、少しづつお話ましょう。
[PR]
by jun_to_nenecoco | 2009-03-14 10:47 | たんぽぽ

12歳のおしゃまな女の子、11歳の脳性マヒPVL(脳室周囲白質軟化症)の女の子の母。そして田舎暮らし。家族の幸せと女の幸せを考え、毎日楽しく生活しよう。料理教室・ワークショップへの参加申し込みは、コメントくださいませ。


by june
プロフィールを見る
画像一覧