<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

市立病院。

先日、自宅から一番近い、車で5~6分の市立病院へ、cocoを連れて行ってきました。

なぜかというと、とてもいい小児科の先生が春からいらっしゃったとのこと。
以前は、週に2~3日しか小児科医がいなかったのだけれど、毎日診療を始めたそうだ。
そんなにいい先生なら、噂ぐらい流れてくるだろうと思っていたけれど、
てんで聞かないので、自分からちょっと動いてみました。

私の住むところは、近くの小児科は90歳のヨボヨボじいちゃん。
それが悪いわけじゃないけど、cocoを診てもらうにはちょっと心配・・・。
たかが風邪で、筑波大まで行くのは、体力がいるし、迷惑だし・・。
そんなわけで、近くに小児の脳神経医がいればなあと思っていたら、
向こうから来てくれたわけだ。

副院長のS先生。私の父ぐらいの歳だろうか?とても大柄で、体力がありそう・・・。
現場の先生って感じ。
大学病院は、研究のために患者をとる先生もいるので、もやし風が多い。
でも、S先生は「若い時は、寝る時間はなかったね~」
なんてお話や、cocoの小さなしぐさも見逃さず、
「これも発作だね。」
筑波大の先生が、悪いわけでもない。ゆっくり話す時間がないだけ。
S先生なら、細かい相談や診療をしてくれそう。
ひとまず、ちいさな安心を得た。

しかしもったいない・・・市立病院は、とても雰囲気が良く、先生方も穏やかなのに、
人がいない。
市って、商売が下手。
もっと宣伝しなきゃ。市民なんだから、税金使われてるんだから、利用しなきゃ!!
[PR]
by jun_to_nenecoco | 2009-10-31 00:22 | 日々粛々

風邪を吹き飛ばせ!

こんばんわ。

neneが、もう10日以上ハナタレ&咳。
でも、熱は出していません。
毎日、ご飯はしっかり食べています。
もちろんcocoも、しっかりご飯を食べて、
ぐっすり寝るので風邪の症状はありません。
ウィルスに負けない体づくりが、一番の予防だと思います。

b0154959_23563279.jpg

子供たちの大好きなオムライ♪
b0154959_23564565.jpg

ブロートツァイトのスペルト小麦のバケット。
私の定番朝ごはん。自家製ハムとルッコラとトマトサンド。
b0154959_23565825.jpg
イワシのトマト煮。この日は、いわしが1尾25円と庶民の味方!
b0154959_235789.jpg
牛ランプ肉の赤ワイ漬けのソテー。
b0154959_23571916.jpg
鶏ハンバーグのトマト煮込み。
[PR]
by jun_to_nenecoco | 2009-10-31 00:01 | うち飯

恐れていたこと。

実は、先週の木曜日に、またcocoに発作がありました。

朝から、たんぽぽでひと暴れし、午後からリハビリに行きました。
リハビリが終わってから、バギーの調整をお願いしていたら、昼寝してしてしまい、
目を覚まそうとしたとき・・・。

唇が、ぴくっと。

目が左により、手足が緊張して、声をかけても駄目でした。
瞬きもせず、苦しそうに息をしていて、すぐに「ダイアップ」を入れたのですが、
前回ように、治まるようすがありません。

小児科に駆け込み、主治医のO先生を呼びました。
この日は、外来の日。別の先生が処置してくださってる間に来てくれましたが、
O先生のように、けいれんを見慣れている人にとっては、まだ大丈夫な範囲だったのでしょう。
「〇〇先生後お願いします。たまに見に来ますから・・・」と私の目の前で言ったんです。
親なもので、何言ってやがる!!とばかりに睨んでしまいました。
今考えると、大変失礼なことですが、その時の私は、失礼も何も、
「あんたの患者が今苦しんでるんだから助けろ!!」
ぐらいの勢いでした。
私の睨みがきいたせいか、すごすごと処置に入ったO先生。
30分後、ぐったり眠ったcoco。
点滴と、数本の注射のせいで、また小さな手の甲が穴だらけ・・・・。

それから二時間は、休んでいってくださいとの事で、neneを義父にお願いし、
帰ったのは7時過ぎでした。
neneも、突然で不安だったでしょう。義父にも、心配をかけました。

それから1週間。
小さな発作は、まだ続いています。
忙しかったこの夏、cocoのプランを練り直さないといけないかもしれません。
調子がいいからって、一日中外に出っぱなし。
朝から、たんぽぽ。昼から診察。午後からリハビリ。平日は、家にいる日がありませんでした。
私でも、疲れを感じていたので、cocoはもっともっと疲れていたはず・・・。
責めたくないけれど、自分を責めなくてはいられません。
私が時間通りに家にいないと、neneの情緒も不安定になります。
H氏は、仕事で遅いし・・・。
なにより大事なのは、家族。

とにかく今は、休もう。
[PR]
by jun_to_nenecoco | 2009-10-21 23:14 | たんぽぽ

秋。

筑波山の紅葉が始まったようです。
山頂あたりから、徐々に色づいてきました。

我が家の畑も、冬支度。白菜・ブロッコリー・ホウレン草・キャベツ。
台風の被害も少なくて、助かりました。

b0154959_13101248.jpg

義父の手打ちうどんと、蝦芋の煮物。
b0154959_13102475.jpg

シンプルトマトソースのパスタ。
b0154959_13103575.jpg

あさりのチジミと、ヤンニンジャン。
b0154959_13104890.jpg

メバルの煮つけ
b0154959_13105459.jpg

遅蒔きのいんげんソテー。
b0154959_13111231.jpg
きのこの煮込みハンバーグと、蒸しキャベツ。
b0154959_1311313.jpg
イカづくし膳。
b0154959_1311396.jpg
さっと茹でたイカときゅうりの古漬けサラダ
b0154959_13115373.jpg
イカの腸焼き。
[PR]
by jun_to_nenecoco | 2009-10-19 13:18 | うち飯

秋の運動会。

neneの保育園で、運動会がありました。

今年は、私の母が忙しい仕事の合間に応援に来てくれました。

neneの保育園は、高台で筑波山の眺めが最高!
子供たちにとって、こんなに良い環境はなかなかないと思います。
子供たちに、大きなお山は子供たちからすると、どんなふうに映っているんでしょうか。
b0154959_12551334.jpg


今年のneneは、調子よく、かけっこが一番でした。
短い距離でも、それなりにドラマがあり、抜いたり抜かれたり。
笑いと、どよめきと、溜息と、大人たちを楽しませてくれます。
b0154959_1255381.jpg

年長組の鼓笛隊、来年はneneたちがあの場に立つと思うと、
子供たちの成長の速さに、驚くばかりです。
そして、来年の運動会はcocoも、この保育園の一員になって、何かに参加できていればいいな。
[PR]
by jun_to_nenecoco | 2009-10-11 12:31

cocoのその後。

発作から、しばらく経ちました。

二三日、眼振と意識が遠いことが続きました。
食欲も、やはり落ちていましたが、週末にはいつも通りに戻りました。
眼振は、まだ二三日に一度あります。
薬を少し増やして、また様子を見ていきます。

本調子に戻ったcocoは、たんぽぽの個別指導では大好きな豆遊びをしました。
豆を落とすと、下に木琴があって、ポロンポロンといい音が出ます。
木琴を左に置くと、左手を使って豆をつかみ、右に置くと右手を使います。
音への理解と、頭から指示で交互に手を動かす。

繰り返し繰り返し。楽しくて、声をあげて喜びながら、ポロンポロンと遊びました。
私の頭の中に、成長が後退していたらどうしよう。グルグルと、そればかり考えていました。
小さな発作を観察しながら、
冷静に見なければいけない自分が、たまに嫌になります。




b0154959_1636674.jpg

[PR]
by jun_to_nenecoco | 2009-10-08 16:34 | たんぽぽ

12歳のおしゃまな女の子、11歳の脳性マヒPVL(脳室周囲白質軟化症)の女の子の母。そして田舎暮らし。家族の幸せと女の幸せを考え、毎日楽しく生活しよう。料理教室・ワークショップへの参加申し込みは、コメントくださいませ。


by june
プロフィールを見る
画像一覧