<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

自然からのサイン。

b0154959_22313254.jpg


この写真は、3月2日の朝8時に、neneの保育園に送る途中で撮りました。
友人に見せたら、地震雲だったようです。その友人は専門家ではないけれど、10年住んできた筑波の空。
初めて見る雲を、neneに撮ってもらいました。その時は、綺麗だね。面白いねって。

思えば、東北と太平洋方面に連なって、果てしなく続いていた。
事前に地震雲だとわかっていても、私にはどうにもできないけど。
自然は、ちゃんとサインを出している。
今は、毎日、雲や鳥、虫の動きを見るようにしています。

ありんこが、巣を作っているのもほのぼの。

早朝のスズメの声と、啄木鳥の「コココココココン」。

モコモコの雲。
[PR]
by jun_to_nenecoco | 2011-04-23 22:45 | 日々粛々

石巻の景色。

水曜日。H氏が石巻から無事に帰ってきました。

長くなりそうと言っていたら、案外早かった。交代陣営が来て、また少し経ってから行くことになりそうだそうです。

彼から聞いた話は、テレビと変わりません。やっぱり大変です。ただ、それを生で見てきたこと・・・。
b0154959_1140832.jpg

言葉が出ない。

そして、二次災害に会わず、無事に帰ってきてくれてよかった。
ケロッと帰ってくるところが、私的にカチンと来るけどね。
[PR]
by jun_to_nenecoco | 2011-04-23 11:42 | 日々粛々

日曜日

b0154959_22275137.jpg

今日は、公園に行きました。
久しぶり。
家族そろって芝生で、サンドウィッチとおにぎり。
やっと戻ってきた何気ない日曜日。
桜は、いつのまにか満開。
たんぽぽは、元気よく空に向かっていた。

そういえば、朝ごはんもちゃんと作れた。
今朝は、ジャガイモのオムレツ。
b0154959_22262740.jpg

ブーブーと、H氏に文句を言いながら、朝の支度。
これが明日も続きますように。
[PR]
by jun_to_nenecoco | 2011-04-10 22:28 | 日々粛々

入学式

neneの入学式です。
b0154959_2215232.jpg


cocoは、母が見ていてくれました。
体育館は、春と言えどまだ寒くて、cocoは長い時間居られません。
お姉ちゃんの晴れ姿を見られなくて、残念。
b0154959_2215498.jpg

このヘアアクセサリは、市販のものをアレンジしました。うんうん。なんとかうまくいった。

neneの学校は、一学年一クラス13人。
少子化なのではありません。H氏のときから、一クラス20人もいなかったそうです。
先生の目の行きとどく、いい学校です。
と思いたいのですが、私にしては、neneの自信過剰・ナルシストなところを、
もうちょっとお友達にもまれて広い視野で自分を受け止められるようになって欲しい気も・・・。

なんてことは、始まってしまえばなんてことない。

ドキドキの入学式は、ド緊張してピクリとも動かず、まじめなneneでした。
b0154959_2216568.jpg

チョコピンクのランドセルは、ピカピカ!
[PR]
by jun_to_nenecoco | 2011-04-10 22:18 | 素敵なこと

誕生日。

cocoの誕生日は、震災から3日後。
3月14日のホワイトデーでした。

急な物不足。そしてまだ大きな余震。ケーキ屋さんなんて行けませんでしたが、
neneが「可哀そうだよ~」と言うので、母は思いつきました!

b0154959_10135369.jpg

coco。5歳のお誕生日おめでとう。
一生のうち、こんな素敵なケーキは中々ないと思う。
毎年、美味しいケーキでお祝いしたけど、今回は気持ちが美味しいケーキでした。
[PR]
by jun_to_nenecoco | 2011-04-05 10:16 | たんぽぽ

いろんなことがありました。

おはようございます。

昨日から、neneは学童に、cocoは保育園に行き始めました。
二人とも、新しいお友達と楽しく過ごせているようです。

この一カ月弱、私は命について考えさせられ、思いなおす日々でした。
日常が日常でなくなる瞬間。言いようのない恐怖と不安。
cocoを出産する際にも、家族が離れ、非日常を泣きながら過ごしましたが、
今回は自分たちだけではない、日本社会の不安も入り混じっています。
地震後、徐々に取り戻していく生活は、東日本で被災された人たちを思うと、
とても心苦しいです。でもやはり、子供たちのとこを考えると、早く当たり前に
過ごしてきた毎日を取り戻さないとと思います。

何事にも楽しむこと。美味しいものを食べる。(私の大好きなことです)
こんなことを考えるのも不謹慎だ!と考えていましたが、
自分の出来ることを、被災した人たちのことを考えながら毎日を過ごすのが、
もしかしたら、協力することになるかもしれないと思い始めています。
本当に、何もできない私・・・。
ただただ、早い復興と被災した人たちに笑顔が出るように、願うばかりです。
私は、ボランティアに行けないけれど、主人が被災地に仕事で行くことになりました。
地震や津波が、またいつ来るかわからないし、二次災害だって考えられます。
行って欲しくないけれど、でも行って来い!!
早く、被災地のライフラインが復旧出来るように、H氏頑張ってこい!
[PR]
by jun_to_nenecoco | 2011-04-05 10:04 | 日々粛々

12歳のおしゃまな女の子、11歳の脳性マヒPVL(脳室周囲白質軟化症)の女の子の母。そして田舎暮らし。家族の幸せと女の幸せを考え、毎日楽しく生活しよう。料理教室・ワークショップへの参加申し込みは、コメントくださいませ。


by june
プロフィールを見る
画像一覧