<   2017年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

恵方巻きを作りましょ!

cocconeの台所 料理教室は、今年初です。

数年前から流行り始めた恵方巻き。スーパーやコンビニでも、手軽に太巻きが買えるようになり、色々な具材を入れて、豪華な内容になりましたね。


cocconeの台所では、簡単に作れるものは自分で作り、買った方が良いものは、それなりに使います。無添加の調味料や、無農薬有機栽培の野菜をなるべく使います。農薬たっぷり旬じゃない。美味しくない!と言って野菜を食べない子供は正直です。旬を迎えた新鮮で薬を使わない野菜には、そんなに手を加えなくとも、美味しいんです。そんな野菜を探す時間のないお母さんは、ぜひ宅配をうまく使ってくださいね。少々値段が高い気がするかもしれませんが、食べないで捨ててしまう野菜があるなら、美味しく食べてもらった方が嬉しいし、農家さんも喜びます。
b0154959_13461963.jpg



さて今日は、デモンストレーションも行いました。厚焼き卵と桜でんぶ。
ご参加いただいたお客様から、厚焼き卵の味が毎回違うのはどうしたら?と聞かれましたが、時期により、水っぽいばあいもあります。ハンバーグと卵焼き、パンケーキみたいなものは、調味料などその他の材料の割合は2割が目安にしています。私の作る甘い厚焼き卵は、卵8割、砂糖、味醂、牛乳がトータル2割です。実家の肉屋さんから引き継ぐ感覚的なものです。
桜でんぶは、パッサパサになるまで茹でてほぐし、味醂、酒、砂糖、食紅を入れます。ポイントは、一通りの工程を経てから、粗熱をとり、砂糖をまぶすこと。あの桜でんぶのザクザク感が出ます。

さて、海苔を出したところで、お寿司屋さんからのポイント。お子さんのいる家庭は、おにぎりや海苔巻きの出番が増えますね。海苔を食いちぎれなくて、ビヨーンと伸びてしまう事はありませんか?海苔を用意したところで、何箇所か傷をつけてください。100円ショップにもイガイガのついたグッズがあるようです。うちには、千切りピーラーがあるので、そちらで代用しました。

さて、ようやく巻き巻きに入ります。
巻きすの海苔を置き、上を2センチほど空けて、薄くご飯を敷きます。固いものから、手前に、彩りも気にしながら、好きな具を置きます。良し!と思ったら、躊躇せずに一気に巻きましょう。

b0154959_13462044.jpg


b0154959_13462028.jpg

家族の名前を書いていらっしゃるお客様。
可愛い😍

b0154959_16073249.jpg


試食用に作った海苔巻き。
おばあちゃんが作ったような海苔巻きが目標。
優しい味になりました。

海苔巻き講座、定期的にやろうかな?奥が深いと思いました。




[PR]
by jun_to_nenecoco | 2017-02-03 15:52 | cocconeのママレシピ

12歳のおしゃまな女の子、10歳の脳性マヒPVL(脳室周囲白質軟化症)の女の子の母。そして田舎暮らし。家族の幸せと女の幸せを考え、毎日楽しく生活しよう。料理教室・ワークショップへの参加申し込みは、コメントくださいませ。


by june
プロフィールを見る
画像一覧