家族旅行 in 星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳 ①

b0154959_20561508.jpg
11月の3連休。neneはテニスの試合、cocoは文化祭後に、3年ぶりの家族旅行へ。
前回は、cocoの股関節手術前に富士山方面へ行きました。
今回は、奮発して星野リゾート!
実はリゾナーレは、20年ほど前にH氏と旅行に来ました。
素敵なデザインホテルでしたが、最初は会員制ホテルだったので、
バブル崩壊後星野リゾートが買い取ったみたいです。

ここの特徴は、小さな子が楽しめるアクティビティが多いこと。
自転車乗りまで、教えてくれるんですって。
頑張っていた子がいましたよ。
乗馬や、工作、ホテル全体を装飾したイベントは
おじいちゃんおばあちゃんからベビーまで、
幅広い年齢層に対応できるようです。

うちは平均的なサラリーマン家庭ですが、
数年に一度高級ホテルに泊まりたい。
私の趣味です。
ホスピタリティとしては、まあまあです。若い人が多いせいか、ちょっと関りが薄いかもしれません。
今までの一番は、リッツ・カールトン大阪。
(東京の方は、高価過ぎて泊まれません・・・。)
二回泊まりましたが、
H氏と大阪&京都旅行に行ったとき、胃腸炎にかかってしまいました。
薬や水枕、病院まで手配してもらいました。
家族で行ったときは、まだ3歳のneneと2歳のcocoに、とても話しかけてくれて、
二日目には名前も覚えてくれました。
また機会があったら泊まりたいな。

話がだいぶずれましたが、筑波出発が16時、夕食休憩20時、ホテル到着21時半。
cocoには、longdriveです。でも、別途に卸して体を見ても赤身はなく、大丈夫でした。
寝たきりの子に、長時間座らせることは、とてもキツイこと。
「体が赤くなっってしまったら・・・」
「標高の高いところだと、発作が出たらどうしよう」
「急に体調を崩したら・・・」
本当は内心びくびくしています。
でも、ビビっていたら、子供たちをどこにも連れていけないし、
H氏には口に出さないものの、
実は心配ばかりで、あまり楽しくないです。
でも、子供たちが楽しそうにしているところを見られるだけで、
幸せ。
b0154959_20552834.jpg
ね。幸せな顔。


[PR]
by jun_to_nenecoco | 2018-01-08 21:52 | でかけよう

13歳のオシャレ大好き女子、12歳の脳性マヒPVL(脳室周囲白質軟化症)と難治性てんかん(west症候群)の女の子の母。そして田舎暮らし。家族の幸せと女の幸せを考え、毎日楽しく生活しよう。料理教室・ワークショップへの参加申し込みは、コメントくださいませ。


by june
プロフィールを見る
画像一覧