カテゴリ:日々粛々( 105 )

おはようございます。

おはようございます。


b0154959_06313193.jpg


今朝は-3度。

朝日のグラデーションが綺麗です。

冬のリビングからの朝日は最高。

まだ、星が見えます。ゆっくりコーヒーを飲みながら、1日のスタートを。

ここちゃん、年末年始の休みで外泊してきました。グッスリ眠れたようです。また、お返事してくれる回数が増えて、会話になってきた感触があります😊

帰ってくる度に、心と体の成長が感じられる。(体重も増加中)


私は朝から晩まで次の次を考えながら動き続け、ヘトヘト。ただやりたい事や、楽しい事なので。

昨日は、お姉ちゃんのかかりつけに受診しました。林檎にアレルギーになりました…。ダイエットなんつって毎日食べたら、プツプツ…。そして、子宮頸癌の予防接種を相談しました。抗IgE値15000もあるので、かかりつけの先生は心配だわとおっしゃいました。子宮頸癌にかかった私は、自分が病気に苦しんだ訳ではないのですが、妊娠中に娘たちに危険な思いをさせたので、真剣に考えなきゃと思います。




by jun_to_nenecoco | 2018-12-29 06:31 | 日々粛々

パパの育児参加


 今日は、振休のパパも病院に来ました!

来る途中、コストコに買い出しに行ったので、ハンバーガー🍔を買ってきました。ここちゃんの顔と同じくらい笑
b0154959_18021512.jpg
最近は、病棟に来るパパ率が高い傾向に。「いいね!パパが来るんだ!」「パパは、ここちゃんのお世話はなんでもできるんですか?」「うちは、何にもしてくれない…」というママさんがいます。
でも、まだ私と同じようには出来ません。パパが、私より得意な事があるけれど、私の代わりではなく、私のサポートです。ここまで、パパが育つのに、大喧嘩もしましたし、離婚してやる!!!と思ったことも、一度や二度ではありません。
医療大に入院した最初の頃、やり手サラリーマン風のビシッと決まったパパさんが、重度の息子さんのお世話をテキパキして、食事介助、歯磨き、食器の片付けをして颯爽とお帰りになりました。もちろん、息子さんに声かけは当たり前。なんて素晴らしい!カッコいい!!!と思い、うちのパパにも頑張ってもらう事にしました。しかし、パパさんは根本からココネの状態を理解していなかったから、理解してもらうのに大変でした。

体温調節が出来ない=病院の環境に近い部屋の温度が最適と思い、部屋の設定温度は年中一定にしたいのに、エアコンもヒーターも、自分が暑ければ切る        着るものの脱ぎ着に気を回さないから、体温が篭って体が熱々に
 お風呂の温度がヌルすぎ、風邪をひかせる

脳性麻痺=重症度がどの程度か通院に同行しないため医師からの説明を一緒に聞かないので分からない 家では話を聞かない

発達遅滞=これはパパの方が長けていた!が、学校に上がったら、授業参観に行かないので、また置いていかれた。ここちゃんの成長を見逃す。

でも愛情はあるから、私と喧嘩する。

やりとりをずっとしながら、お互いに歩み寄り、誰のためかを考えて、今に至ります。どのお宅も同じです。最初から出来ません。パパは私のスパルタに耐えました。仕事して、家族を養うだけでも偉いのだが。
そして、パパが一言
「小さいうちから世話しないと、急には絶対できない」
今の若いパパは、当たり前のように育児に参加できる人が多くなりました。
でも私の父は、私のオムツと哺乳瓶を持って営業にまわっていました。泣いたり、腹減ったり、オムツ交換もしなきゃならないのに、仕事に連れて歩きました。今だって昔だって、育児は夫婦の仕事です!が、うちの家訓です!



by jun_to_nenecoco | 2018-12-21 18:02 | 日々粛々

今年の迎え盆。

今年の迎え盆は、久しぶりに義父と2人で行きました。77になる義父。まだまだ元気!
b0154959_21093939.jpg
夏祭りの準備に追われながら、cocoの浴衣も新調しました。イオンで見つけたtsumorichisato。キティちゃんの中から、探しましたー♪
b0154959_21094007.jpg
セパレートして、着せやすく、足が開いても大丈夫なように、スカートにしようかな!

あと5日で夏祭り!また夜な夜な作業が始まるよーん。

by jun_to_nenecoco | 2018-08-15 21:09 | 日々粛々

これが私の旦那様。


これが私の旦那様。

b0154959_21090570.jpg
これが私の甥っ子。
b0154959_21090626.jpg
2人は仲良し。
b0154959_21090821.jpg
そしてジジ。
b0154959_21090949.jpg
うちの面倒な男たち。

by jun_to_nenecoco | 2018-08-15 21:08 | 日々粛々
b0154959_10455289.jpg
夏休みも中盤。
医療相談アプリLEBERの営業さんにお誘いを受け、Hack My Tsukubaに参加してきました。川島先生、ありがとうございました😊
入れてもらったグループは、若い男の子2人と私より年上の男性。企業について。4人で何を話したかというと、PTAの運営を任せるられる企業。煩わしい会議と行事。煩わしい処を簡素化し、行事も企業に任せる。でも、PTA会員の子供達の環境については、随時意見を募集したり、アンケートを取る。などなど。経験上、PTAの面倒くささはどうにかなる気はする。でも、変えてくれる人がいない。良かったら、どこかのベンチャーやりませんか?
b0154959_10455234.jpg
協賛のカスミから、最近種類が増えたeatimeシリーズ。このショートパスタはおススメ。よくソースが絡み、味も○トマト缶は、薄めです。スープ向きかな。
b0154959_10455376.jpg
帰ってきたら、neneが針をチクチク。刺し子をしてました。学校の有志で、夏休みの作品を作るらしい。
b0154959_10455338.jpg
誕生日だった姪っ子にいつものガトーショコラをプレゼント🎁
ありがとうメッセージに付いてきた甥っ子の写真に大爆笑。

by jun_to_nenecoco | 2018-08-12 10:40 | 日々粛々

定まらない曖昧さ。


茨城キリスト教大学のM先生がお纏めになった冊子が出来ました。


b0154959_20445173.jpg
心のケア、体のケア、環境のケア。
おしゃべり会にくるお母さん達が感じるケアという言葉は、守るとか、整えるに近いだろうか。
我が子に、ケアをしないと生きていかれない。
その気持ちを抱えながらも、自分らしさを実感して、お母さんたちは親として育っていく。
子どもの預かり先が見つかって、仕事復帰出来れば、自分らしいのだろうか?
子どもと、ずっと一緒にいることが親の務めにだろうか。
自分のしたいことができない。
自分のしたいことばかり優先する。

どれが過剰になり過ぎても、バランスが崩れる。
その時が来たら、必ず子どもは自立するし、私たちの寿命も来るのだから、右往左往、一喜一憂、人生の様々な事を噛み締めながら、生きたい。

by jun_to_nenecoco | 2018-07-12 20:44 | 日々粛々

日々の徒然。


日々の徒然。
b0154959_16035865.jpg
親子でゴロゴロ。
b0154959_16035962.jpg
尊敬する同い年の大学の先生とランチ。メインより、サラダバーが美味しい…。
b0154959_16040053.jpg
とある日の賄い。
b0154959_16040173.jpg
季節の杏をコトコト。
b0154959_16040216.jpg
甘酸っぱい香り。

平穏が幸せ。
何かを探そうと考えることが幸せ。
家族が揃うことが幸せ。
美味しいものを見つけた幸せ。
一目惚れの洋服に出会えた幸せ。

by jun_to_nenecoco | 2018-07-05 16:03 | 日々粛々

精進の日々。

NPO法人smilinghospitaljapan 
茨城県立医療大学付属病院の活動が始まり、茨城地区第1号のアーティストさかいかなさん👩‍🎨の初めての活動の打ち合わせに行ってきました。

体が不自由でも、いろんな表現力を出す手助けが私のコーディネート力です!
さかいさんのアイデアを、子供達の特徴に合わせて出来るように、看護師さんと保育士さんに相談。大事な打ち合わせです。8月の活動が楽しみ!


b0154959_14514573.jpg
院内では、こんなに素敵にお知らせしてくださっていました!ありがとうございます!

そして、明日の着付け教室のランチ準備。
b0154959_14514773.jpg
今回は、講師のご自宅にお邪魔しました。
夏の着物は、生地が薄いから、シワがよるー。
b0154959_14514809.jpg

b0154959_14514935.jpg
細かい修正はありますが、着なれるように精進します。

by jun_to_nenecoco | 2018-07-05 14:50 | 日々粛々

保健師さん。助けて。



筑波大ではありません。
茨城で、大事なこの病院のNICUは18床、GCU30床と、とても大きいです。
cocoがいた筑波大の倍!そう思うと、胸が痛い。小さな命が、いつも頑張っている場所です。
先月、県南、鹿行、県央の地域の保健師さんが、地域の病院に集まるhttp://www.ib-ja.or.jp/kouseiren/wp-content/uploads/150729.pdf
と聞き、牛久市の保健師さんの計らいで、15分だけ参加して来ました。
b0154959_14503530.jpg
私が出席された方々にお願いしたのは、妊娠時からの保健師の関わりを厚くしてもらうこと、そして、子供が生まれ、なんらかの病気が見つかり入院中でも関わってもらう事です。出席されている保健師さんたちは、もうそんな事は分かっているはずでしょうけど、まだまだ実際にお子さんが入院中の保護者には保健師さんが頼れる!と感じられて居ないのが実情です。
保護者が毎日病院に通うこと。
兄弟がいて長時間病棟にいられない。
持病があって、子育てに不安がある。
家族に理解がなく、病気を抱えた子供を育てるのに孤独を感じる。
子供にとって、1日1日が成長の大事な時間なのに、地域の友達は出来ないし、治療ばかりで辛い思いばかりさせてしまう。
挙げればきりがありません。

b0154959_14503539.jpg
しかし、保護者は病気じゃないから(行き過ぎは病気になりますけど)心理士さんに話すほどでもなく、周りも辛い思いをしているのに、自分だけ弱音が吐けない。
そして、真逆は病院に一切来ない保護者の存在です。苦しいから目を背ける。生まれてずっと病院にいて、我が子であると思えず愛情が湧かない。誰が助けてくれるんでしょう。cocoを破水して入院した時に産科病棟で一緒だった方と、退院後に会った時、「あの子に愛情が湧かない。どうしたらいいんだろう。可愛くなくて、声を荒げてしまう」と言っていました。私は、「あの生命の極限の環境にいては、私達母親だって正常ではいられない。今、一緒に暮らしていることでも、精一杯頑張ってるよ」そんな当たり前なことしか言えなかったのです。
b0154959_14503791.jpg
そんな13年前のことを思い出し、やっぱり涙が出てしまうのでした。

by jun_to_nenecoco | 2018-07-05 14:50 | 日々粛々

怒涛の1週間


怒涛の1週間笑

月曜日  医療相談アプリLEBERチャットランチ会
火曜日  朝、コーヒーを淹れる時に左手に熱湯をぶっかけ、痛さのあまり無言。。。H氏に、「どうしたの?何したの?」と聞かれ、火傷したと言ったら、「痛いって言わないの?」と言われた。でも、本当に痛い時瞬時だと言えないし。午前中は、先輩ママさんが携わる施設見学。午後から、医療大でcocoのチェアクリニック。新しい車椅子と、新たなスタイルを求めて、整形外科の先生と、作業療法士さん、TBさんと頭を悩ます。たまたま手が空いた岸本先生にも、アドバイスをいただき、次回はデモ機に試乗です。
b0154959_13164167.jpeg


水曜日  SHJの活動のため、出かけたら、neneの担任から電話📞 体調不良で、早退するというので迎えに…。neneも連れて、見学のKさんと、アーティストさんをピックアップして、向かい、neneは実家に預けて、病院に活動へ。。。課題は色々出たけれど、13人の子供たちと初クラフト活動が出来た。ホッと一安心。夜な夜な次の日の仕込み。

木曜日  一年振りのアロマワークショップ。久しぶりに会う方々ばかり。和気藹々と楽しかった〜♪

金曜日  コレ。
b0154959_11315167.jpg
いつもの薬がなくなったのと、体調不良を診てもらおうと、かかりつけに。neneの体調不良が、血液検査の結果、グリコーゲンが足らず、痙攣起こすわよ💢と言われ、点滴。
「お母さん、ご飯食べさせてる?」
「食べてます!大食感ですよ!この子!」
がしかし、ご飯を豆腐に変えていた娘。バレエの発表会、初めて男性ダンサーと踊る事になり、体を絞りたいと、炭水化物を控えていたのでした。
コンビニで、ミートソースのパスタ、豆乳、抹茶ティラミスを買いに走り、点滴を打ちながら、食べて…。なんてこったい…。
夜は、筑波大学でお世話になっている医師主催の地域包括ケアをみんなで語り合う会合に、最後の方にチョコっと参加。これからが楽しみな集まりになりました!

土曜日  カフェのメニュー開発に今月から入ることなり、試作。夏メニューに間に合うように!
b0154959_11315293.jpg

残り物の処理も考えてます。
b0154959_11315224.jpg

クライアントさんが、どんな反応か。
b0154959_11315376.jpg
いやいや。来週も、頑張らな。。。


by jun_to_nenecoco | 2018-06-17 11:31 | 日々粛々

13歳のオシャレ大好き女子、12歳の脳性マヒPVL(脳室周囲白質軟化症)と難治性てんかん(west症候群)の女の子の母。そして田舎暮らし。家族の幸せと女の幸せを考え、毎日楽しく生活しよう。料理教室・ワークショップへの参加申し込みは、コメントくださいませ。


by june