<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

フクシマアズサさんのワークショップ

筑波山が色づく季節になってきました。
ドライブが楽しくなってきます。
cocconeの台所からの景色も、緑から淡い色に変化しつつあります。

さてつくばで活動されているほうき職人フクシマアズサさんのワークショップを開催します。

「テーブルブラシを作る」
12月13日水曜日 10:30〜13:30ごろまで
参加費 4300円お弁当付き
b0154959_16232828.jpg

b0154959_16234548.jpg

朝食の後のパンくず。
子供が宿題をした後の消しゴムカス。
おやつを食べた後。
ちょっとしたシーンに、軽くて、かわいくて、使いやすいテーブルブラシです。

b0154959_16240217.jpg
フクシマさんです。小柄な体で、畑を耕し、種からほうきの材料を育てていらっしゃいます。
b0154959_16242186.jpg
こんな風に、器具の上に座り、あぐらをかいて作業します。汚れてもいい、パンツスタイルでお越しください。
b0154959_16244289.jpg


b0154959_16245842.jpg

ほうきのサイズはこれくらいです。
私は、実はほうきマニア。
家のいたるところに、小さなほうきや、細長いほうきがあります。

フクシマさんの作品も、少量販売いたします。
今からワクワクしちゃいます。
早く来ないかな〜。12月。

お問い合わせは、コメント欄または、jun_to_nene_to_coco@icloud.com
cocconeの台所の住所は、ご連絡をいただきましたら、添付いたします。


[PR]
by jun_to_nenecoco | 2017-10-31 21:24 | cocconeの台所 WSのお知らせ

てんかん協会全国大会


10月21日22日、日本てんかん協会全国大会が水戸で行われました。cocoがお世話になっている茨城県立医療大学付属病院の院長が、運営委員長との事でお誘いいただき、2人で勉強に行きましたー。

b0154959_13145831.jpg
保育でお世話になった水戸特別支援学校の先生方。とても楽しかったようで、3時間で、この笑顔笑
b0154959_13150109.jpg
どこでも、誰でも、楽しめる子になってきました。
b0154959_13150567.jpg
話し方が面白い!中身も面白い!藤本先生です。もっと色々お話を聞きたかったです。藤本先生は、家族にわかりやすく、また治療や心構えも話してくれました。てんかんは、見えないものと戦っているような感覚です。だからこそ、医師とよくはなすこと
b0154959_13150721.jpg
帰りはサービスエリアで夕食。
cocoは、レストランの方にレトルトを温めてもらいました。
b0154959_13150952.jpg
私は、常陸そば。


[PR]
by jun_to_nenecoco | 2017-10-30 13:11 | たんぽぽ

夏休みくらいから、「腰が痛い」と連呼するお姉ちゃん。

夏休みくらいから、「腰が痛い」と連呼するお姉ちゃん。

b0154959_09422185.jpg

椎間板ヘルニアか分離症を疑われ、MRIを撮ることに。


私も中1の冬、マラソンの練習をしていて、ある朝足が痺れ立てなくなりました。朝夕の剣道の練習に、夜は出稽古。陸上の練習やら、文化祭やら、芸術祭と、学生って本当に忙しい。家にいたのは、テスト期間だけだった気がする。記憶が曖昧だけど。

分離すべり症になってから、試合で決勝まで体が持たなくなりました。一番よく覚えているのは、決勝戦で勝敗がつかず40分近く戦ったこと。自分で体が動かないことが悔しくてたまりませんでした。

誰に勧められたのか覚えていませんが、軍医だったというお爺ちゃんの病院に試合前の朝5時半に連れていかれ、よくわからない注射を打ちました。腰に打たれた注射(声を上げるくらい痛い)の薬液が、足の中を伝って行くのがわかりました。帰りはスキップ出来ました…。試合も絶好調。優勝したかは、覚えていません。


[PR]
by jun_to_nenecoco | 2017-10-20 09:33 | たんぽぽ

cocconeの台所「お菓子の時間」と癒しの時間

時系列がバラバラですが、ごめんなさい(・∀・)

今日は、とても楽しかったので、ちゃんと書かなきゃ!

cocconeの台所
「お菓子の時間」を開きました。

「クッキーやパウンドケーキが大好きだけど、自分で焼くと上手くできない。」とのご相談から、私で良ければと、プライベートレッスン。
b0154959_22543627.jpg
私のお菓子作りは、小学生の頃。なぜ始まったかというと、食べたい分だけ作る事ができると思ったから。でも、大雑把な性格では、作れるものは限られているし、美味しくない。失敗失敗の連続でした。諦めなかったのは、失敗作を父が食べてくれるから。居酒屋を経営していた父は、夜中帰ってくると、カウンターにあるペッチャンコのケーキを全部食べてしまうんです。何回つくっても、失敗作。それでも付き合う父。今も、美味しいものかわからないけど、家族や姪っ子甥っ子が美味しいって言ってくれるから、頑張って作り続けています。

そう。お母さんの味って、そんなもの。家族が安心する味。
だから、気を張らず、作ってみましょう。
b0154959_23040846.jpg
作り慣れたら、ボールはいくつも要らなくて、ジップロックだけで十分!今日は、初歩からやってみました。

材料の説明、種類や質、特性。材料があまり変わらないのに、食感が変わるのが、小麦粉マジック!少しずつ分量が違ったり、工程が違うだけで、まったく違うお菓子に変身してしまいます。
b0154959_23053253.jpg

b0154959_23053342.jpg
バターを室温に戻すのも、どのくらいの柔らかさか、本や映像だけではわかりません。手の感触が一番わかりやすい。
b0154959_23100832.jpg
記事のベンチタイムは、じじパン🍞
ランチ。キノコとベーコンとパプリカのタルティーヌとハニークリームチーズのベーグル、プチサラダ、紅はるかのポタージュです。
b0154959_23100960.jpg
ブールドネージュ。
b0154959_23101026.jpg
ザックリホロのクッキーには、カカオニブを入れました。カカオニブ、美味しい❣️高いけど…。

お客様は、cocoの学校に息子さんが通っていて同級生、知的部門に在籍しているので、普段は会えませんが、PTA活動で知り合った方です。入学前に、息子さんを施設に入所させたそうですが、土日は自宅に帰ってくるそうです。入所したからとはいえ、育児を放棄したのではありません。主な生活の場を施設にした事で、息子さんの生活リズムや体調管理を施設の職員さんの指導で整えられているそうです。息子さんは自閉症だそうです。子育ての大変さ。それから逃げるのではなく、息子さんを第一に考えた末。息子さんにとって、集団生活は楽ではないと思います。彼女は、「息子が自宅に帰ってくると、料理が好きみたいで、手伝ってくれるんです。クッキーが焼けるようになったら、一緒にできるといいな」旅行にも行くと話していました。見た目も中身も、可愛いお母さんです。前向きな彼女を、私は尊敬しています。

cocoの友達も、小学二年生の時に入所しました。つくばから、2時間かかる施設です。cocoのような重症心身障害児は、県内の入所施設は、たった三箇所です。県南地区にはありません。最初は、何故愛する子供と離れたのか?愛情が深い事を知っていた分、わかりませんでしたが、親子にしかわからない苦渋の決断だったのでしょう。2年に一度くらいの頻度でcocoの友達に会いに行っていますが、会いに行くたびに元気になっています。医療行為も、軽くなったそうです。親子でいることばかりが、良いことばかりではない。きっとママは、そう考えたんだと思います。
離れて暮らしても、天気が変わらないくらいの場所がいいと思うけど、遠い施設。
たかが暑い寒いで、心配してしまいます。
大雨や、雷を怖がっていないか気になります。
気が休まったりなんてしません。
ネグレクト、貧困、病気で子供を育てられない…様々な理由で、施設を利用している子がいること。その中には、彼女のような方もいることを、知ってもらいたいと思いました。

[PR]
by jun_to_nenecoco | 2017-10-19 22:49 | cocconeのママレシピ

夏休み回顧録。

夏休み回顧録。

7月末、neneと新宿コズミックまで世界で活躍する若手ダンサー「Bright Step2017」を鑑賞に行きました!
人間の極限が垣間見れる!綺麗な跳躍とバランス。持って生まれた才能だけじゃない。努力努力の積み重ね。アクシデントを乗り越える精神力を感じます。
写真は世界で何年もプリンシパルを務め、お子さんもいらっしゃる中村祥子さん!素敵すぎ❣️


b0154959_08543550.jpg

菅井まどかさんの全身の躍動は、男性ダンサーに劣らない。体って、すごい。
b0154959_08543853.jpg
おしゃべり会の準備も忘れていません。
今年は、初めての試みを!
b0154959_08544088.jpg
コストコが近くにできて、美味しいお菓子をみんなに配れます〜。
b0154959_08544234.jpg
ある日の昼食。夏休みは、毎食毎食、買い物、作る、食べる、片付け、また作ると、疲れた疲れた。

冷凍ハンバーグにミートソースを乗せたボリューミーなハンバーグ定食。
よつば生協の冷食は、素直な味で美味しい!

[PR]
by jun_to_nenecoco | 2017-10-15 08:51 | 日々粛々

秋の台所 リビングレシピより

朝、雨戸をあけると、夜明け前のことが多くなりました。
窓を開けっぱなしで寝ると、寒くて起きるなんて。
体調に気を付けて、秋の実りを存分に味わいたいですね。

秋の台所のお知らせです。

定員は4名。
お菓子の時間の参加費は3000円、試食と2ドリンク付きです。
家族のご飯の参加費は、3500円、試食と2ドリンク付きです。

🌼お菓子の時間「サクサクほろっとほうじ茶クッキーと、アーモンドたっぷりのブル・ド・ネージュ」


10月19日(木) 10:30~13:00
b0154959_11580417.jpg



🌼お菓子の時間「自家製ドライフルーツのパウンドケーキと、チーズのショートブレット」

紅玉や、オレンジ、家庭で手に入りやすい果物を低温のオーブンで水分を飛ばします。
チーズのショートブレットは、お酒のおつまみ、おやつに。甘じょっぱいがお好きな方にオススメです。

11月9日(木) 10:30~13:00
b0154959_12013583.jpg

🌼家族のご飯「生ハムとジャガイモの豚肉巻き トマトソース煮と根菜サラダのお出しドレッシング」

生ハムは切り落としで十分。ちょっと入れるだけで、安いお肉が風味豊かに大変身。
根菜サラダは、レンコンやゴボウ、人参を、お出しのドレッシングであっさりと。

11月21日 11:00〜13:00
b0154959_21572385.jpg
b0154959_21581995.jpg

🌼お菓子の時間「バターの風味豊かなクレープ。材料や道具の話」

このクレープ、禁断の味です。

11月30日 (木) 10:30~13:00
b0154959_12035266.jpg

お申し込みは、
jun_to_nene_to_coco@icloud.com
または、Instagramのダイレクトメール

ユーザーネーム salotto_cucina_coccone

へ。cocconeの台所の住所(筑波山の近く)や連絡先、持ち物など、追ってお知らせいたします。





[PR]
by jun_to_nenecoco | 2017-10-04 22:05 | cocconeの台所 WSのお知らせ

13歳のオシャレ大好き女子、12歳の脳性マヒPVL(脳室周囲白質軟化症)と難治性てんかん(west症候群)の女の子の母。そして田舎暮らし。家族の幸せと女の幸せを考え、毎日楽しく生活しよう。料理教室・ワークショップへの参加申し込みは、コメントくださいませ。


by june
プロフィールを見る
画像一覧